アジアと日本の平和と繁栄を目指す「日韓トンネル」を建設しよう
最新の記事

疑問解決 Q&A

Q06:久しく、日韓の双方で「近くて遠い国」と称されているように、両国において、様々な否定的感情を持つ人もいますが?

A06:英仏トンネルの成功が良い先例になると考えます。 英仏間には、絶え間なく戦争を繰り返してきた歴史があります。 百年戦争(1337-1453年)が最も有名ですが、その後も度々戦争を繰り返し、19世紀のナポレオン戦争に …

Q05:日韓トンネルは、経済的に難しいのではないか、という意見もありますが?

A05:藤井聡氏(内閣府参与・京都大学大学院教授)は、明治期の15大都市と現代の15大都市の盛衰において、新幹線の整備の有無が決定的な役割を果たした事を指摘し、高速交通網の重要性を説き、「国土強靱化」に取り組んでいます。 …

Q04:航空輸送が発達したこの時代に海底トンネルを建設するメリットはなんですか?

A04:トンネルによる鉄道輸送と航空輸送を比較した場合、まずエネルギー効率が大きく違います。航空輸送では鉄道と比べて、貨物では50倍、旅客では4倍のエネルギーを消費します。鉄道は、海運(貨物船)と比べても、同程度以下のエ …

Q03:最近も熊本で地震が起きましたが、地震が起きても大丈夫ですか?

A03:最新のシールド工法によって建設される、シールドトンネルは、力学的に最も強度の高い円形で、セグメントを組み立てた変形に追随できる覆工構造で、現在まで、地震による深刻な被害が生じた例はありません。 青函トンネルは、完 …

Q02:技術的に可能でしょうか?

A02:可能です。交通機関用の海底トンネルとして、現在も世界一の長さを持つ青函トンネルを1988年に完成させた日本の技術は健在です。 英仏海峡トンネルにおいては、最新のトンネルボーリングマシン(TBM)が、11機(イギリ …

Q01:工期や費用はどれくらい掛かりますか?

A01:工期は最短で10年。費用は10兆円と見込まれています。 10年で10兆円と聞いた、ある専門家は、「年にすると1兆円。国が取り組めば、その程度の支出は、たいして難しいことではない。」とコメントをくれました。 &nb …

PAGETOP
Copyright © 日韓トンネル推進全国会議 All Rights Reserved.